レース情報

注目選手

ローズカップ争奪戦 FII     10/272829
競輪研究専門紙PDF

開催展望 (協力:競輪研究 9/25現在)

各地区の実力差が拮抗 波乱の争覇戦線を制するのは?

 激戦ムードが予想されるが、地の利を加味して近畿勢から狙いたい。藤井栄二、伸び盛りの小出慎也の機動型がレースを支配すると、地元小林卓人、復活西谷岳文や、中島義之で上位を占めよう。
 個の突破力では本郷雄三が指折りの存在。良永浩一、立石拓也を始め、若手の瀬戸栄作、転倒事故から嶋田誠也が復活してくると九州勢はグンと厚みを増し、ここがV争いの中心となって来る。
 いつもは手薄な中四国勢だが、今シリーズは好メンバーが揃った。小玉拓真、吉武信太朗の機動力に託し、中村昌弘、大屋健司の広島勢や、溪飛雄馬らの追込み陣が鋭いキメ脚でV戦線へ顔を出す。
 さて、中部勢は?S落ちの北村篤はややリズムが狂う近況。V歴もある機動型の瀧本匡平や、一発に威力を秘める西徹は戦歴にムラがあり、評価に悩むところだ。

選手名 登録 期別 年齢 級班 戦法 競走得点 勝率 2連対率 BK
藤井 栄二 兵庫 99 26 A級1班 先捲 93.52 30.7 46.1 19
8月久留米で山本直らを相手に11秒9の捲りでV奪取。今シリーズ有数の強引派でありながら、先行、捲りいずれにも力を発揮できるのが強味。持てるパワーを一気に爆発させてVロードを突き進んで行こう。
本郷 雄三 熊本 99 29 A級1班 捲逃 92.77 30.3 36.3 7
降級後は即に8月の岐阜、9月の和歌山で優勝とその実力をいかんなく発揮している。スピードを身上とし、弾みを付けた捲り、あるいはカマシ先行に打って出た時は他の追随を許さない。Vへ一気に加速するか。
小林 卓人 大阪 79 39 A級1班 追込 95.63 10.0 33.3 0
今シリーズで地元の中心に推されるのが、この小林だ。S級降級後もマークぶりは安定感があり、型通り運べばきっちり目標を捕捉するキメ脚も確か。狙うは地元Vだけだ。8月四日市で大谷靖茂、金沢竜二らに制覇。
中村 昌弘 広島 81 40 A級1班 追込 93.68 20.0 43.3 0
マーク、差しが主流となってきたが、奥の手には依然として捲りの勝負脚も温存している。また、気合いが乗れば好位を狙って切り込んでいくか。7月富山では連佛康浩に乗って小林卓人らにVを飾っている。
小玉 拓真 岡山 98 27 A級1班 自在 91.73 16.6 36.6 6
降級後は思うように戦歴は上がっていないが、レース間の動きは意欲的だ。捲り、先行の機動戦に飛び付き、あるいはマーク、追込みと展開に即応できるのが強味。A級戦にも慣れ、そろそろ好結果が出る頃か?
溪 飛雄馬 愛媛 86 38 A級1班 追込 93.81 7.4 25.9 0
こちらも降級組。なかなか勝ち星量産とはいかないが、単にマークだけではなく、対敵、構成次第では自ら捲って出るなど、地力の後退は全く感じられない。マーク戦に、鋭いキメ脚を武器にV戦線へ割って入る。
良永 浩一 福岡 86 38 A級1班 追込 93.04 4.3 26.0 0
派手な活躍はないが、ラインマークを主流に安定した戦歴を残している。九州機動型と同乗するときっちりと付いていくし、巧みなコース取りや、内、外を突く動きは俊敏そのもの。今節も堅実な捌きで着をまとめるか。
小出 慎也 和歌山 109 26 A級2班 先捲 87.12 41.6 54.1 15
昇班後も果敢なレースを貫き、存在感を増す和歌山の気鋭。すでに準決でも好勝負を演じる事も再三で、その先行、捲りには未知の魅力が一杯だ。予選は確勝級、上位でも台風の目となる可能性を秘めた選手だ。